大阪市立大学医学部ギターマンドリン部

Top クラブ紹介 演奏会 お問い合わせ Link

パートの特徴

1stマンドリン

高音域、主旋律を担当します。

速弾きも多く、演奏会の花形といえます。

2ndマンドリン

主に副旋律を担当し、1stマンドリンを支えます。

支えとなる職人意識が大事です。

マンドラ

中音域担当。

伴奏だけでなく、主旋律を担当することもあり、合奏の要です。

マンドセロ

低音域担当。

力強い音もやさしい音も出し、合奏の幅を広げます。

ギター

低音域担当。

基本的に伴奏を行い、合奏全体を支えることも多いです。

静かな場面でのギターはとてもきれいです。

ベース

低音域担当。合奏全体の支え。

あるとないとでは合奏の厚みがまったく違います。

Copyright(C)2011-2016 大阪市立大学医学部ギターマンドリン部 all rights reserved.
inserted by FC2 system